ラクトバチルス属の乳酸菌について

ラクトバチルス属の乳酸菌について

代表的な乳酸菌というと、ビフィズス菌だと思います。
ヨーグルトなどにも多く含まれているので、知っている人は多いと思います。

 

他にも有名な乳酸菌はいくつかありますが、そんなもののひとつが、ラクトバチルス属の乳酸菌です。
ラクトバチルス属の乳酸菌も、我々人間の生活ととても密接につながっています。
他の有名な乳酸菌と同じく、人間の体内にもラクトバチルス属の乳酸菌は存在しています。
また、乳製品などを作るのにもラクトバチルス属の乳酸菌が必要となります。

 

属という言葉がついていることからもわかるように、ラクトバチルス属の乳酸菌はいくつもの種類が存在します。

 

■ラクトバチルス属の乳酸菌はどのような使われ方をしているのか

 

我々人間と密接な関係がある、と言われているラクトバチルス属の乳酸菌ですが、具体的にはどのようなものに使われているのでしょうか。

 

乳酸菌を多く含むものとして知られている、ヨーグルトにも当然ラクトバチルス属の乳酸菌は使われています。
ヨーグルトに使われるラクトバチルス属の乳酸菌はカゼイ、ブルガリスク、ガッセリー、アシドフィルスなどです。

 

他に、プレビスやプランタルムは漬物に使われます、

 

これらからわかるように、ラクトバチルス属の乳酸菌は我々の生活に欠かすことのできないものです。

 

また、善玉菌の中にもラクトバチルス属の乳酸菌が含まれています。

 

特に善玉菌として体内で重要なのが、ブルガリスクやアシドフィルスです。

 

■どのように摂取すればよいのか

 

ラクトバチルス属の乳酸菌が体に重要な存在であることはご理解いただけたと思います。
しかし、どのように摂取すればよいのでしょか。

 

ラクトバチルス属の乳酸菌は体にとって重要なので、研究、開発も多く行われています。
その成果として、新たなラクトバチルス属の乳酸菌も作り出されています。

 

摂取はヨーグルトなどの、ラクトバチルス属の乳酸菌が使われている製品を食べるというのが最も手っ取り早いでしょう。
しかし、この方法にはいくつかの欠点があります。

 

そのひとつが、食品からの摂取には限界があるという点です。
ヨーグルトなどは牛乳も使われているため、脂肪分が多く、カロリーも高いです。
食べられる量にも限界があるでしょう。

 

味が苦手でヨーグルトを食べることができないという人も少なからずいらっしゃると思います。

 

そこでお勧めしたいのが、サプリメントの利用です。
サプリメントの利点は、手軽に乳酸菌を摂取することができるという点です。
サプリメントであれば、多くの乳酸菌を簡単に摂取できます。
また、いつでもどこでも摂取することができるという点も魅力です。

 

■ラクトバチルス属の乳酸菌で体内から健康を

 

乳酸菌は腸の中で働きます。
腸の改善は、便の問題だけでなく、免疫力など、様々な面で影響を与えます。

 

サプリメントでしっかりした量の乳酸菌を摂取することで、体内から健康を実現できます。
ぜひ、健康のためにラクトバチルス属の乳酸菌の摂取を始めてみてください。