会社設立の準備について

会社設立の準備について

よし会社を作ろう!と思った時、いったいどんな準備が必要なのでしょうか。
明日から○○株式会社になりますと一言で済めば簡単ですが、そんなに簡単なものではありません。
会社を設立するには準備しておかなければならないことがたくさんあります。
ここでは、会社設立時に必要なものをまとめてあります。
もちろん、設立を代行する業者もありますが、自身で用意しなければならないものもたくさんあります。
ここで上げているものは必要最低限のものです。
必ずご自身で準備しておきましょう。

 

 

○会社設立時に必要なもの

 

・印鑑証明書
印鑑証明書は、資本金を出したすべての人の分が必要となります。
代表取締役、取締役など、役員になる人の分も1通ずつ取得しなければなりません。
資本金の出資者と役員が兼任になる場合は、1通ではなく2通必要になりますので注意してください。

 

・法人印
法人印は似たような称号がないかも含め、作成の際は確認する必要があります。

 

・資本金振込口座
資本金の出資者が複数いても、1名のみの口座番号で大丈夫です。
口座は新設する必要はありません。

 

・資本金
資本金は、1円から999万円の間となります。
資本金が1,000万円を超えてしまうと、受けられない免除が出てきてしまいます。

 

・個人の実印
実印は、資本金の出資者、代表取締役、取締役、全ての人のものが必要となります。

 

以上が必要最低限、準備しておかなければならないものです。
設立の手続きをご自身で行う場合は、さらに準備が必要なものがございます。

 

 

○会社設立のための費用

 

会社の設立時には諸手続きのために必要な費用があります。
株式会社設立のために必要な費用をまとめましたので、参考にしてください。

 

・定款認証料金 50,000円
・定款に添付する印紙代 40,000円
・定款の謄本 20,000円程度
・登録免除税 150,000円

 

合計で242,000円が必要となります。
これらはあくまで基本的なものとなります。
株式会社ではない、合同会社の場合は、約10万円程度となります。

 

設立を代行業者にお願いする場合、代行費用などもかかってきます。
設定料金は業者によって変わりますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

株式会社設立には、そんなに多額の費用がかかるわけではありません。
株式会社になることで信用度が上がり、助成金を受け取れたり、国からの援助を受けることも可能になります。
今後、事業を拡大していきたいと考えている場合は、株式会社として設立した方がスムーズに事業が行えることも多いので、検討してみましょう。

 

 

○会社設立時に必要な書面

 

1.定款認証で必要なもの

 

定款、つまり会社を運営していく上での決まり事が書かれている本です。
定款は、法務大臣が任命した公証人と呼ばれる人によって不備や漏れがないか確認されます。
定款の認証には必要な書類がありますのでお話しておきます。

 

・資本金の出資者全員の印鑑証明書(3ヶ月以内に発行したもの)1通ずつ
・定款 1通(オンラインで申請することも可能)
・委任状 1通(代行業者などが行う場合)

 

2.登記申請で必要なもの

 

・設立登記申請書 1通
・登記事項が記載されたOCRかCD 1通
 (管轄の法務局によって異なります。コンピュータ庁の場合は必要となります)
・登録免許納付用台紙状(印鑑添付の用紙) 1通
・定款の謄本 1通
・発起人決定書、また発起人会議事録 1通
 (定款で会社の所在地を定めなかった場合に必要な書類となります)
・設定時代表取締役、設定時取締役、また設立時監査役の就任承諾書 1通
・印鑑証明書 代表取締役、取締役各1通
・設立時取締役また設立時監査役の調査報告書、またその付属書類 1通
 (定款に現物出資が記載されている場合必要となります)
・出資払込み証明書 1通
・設立時代表取締役の証明書 1通
 (現物出資がある場合に必要となります)
・印鑑届出書 1通

 

上記が基本書面となります。
その他にも、必要に応じて提出しなければならない書面がございます。
会社設立の際は、早い段階から必要書類のチェックをしておきましょう。