ペイアウト倍率を比較する

ペイアウト倍率を比較する

■ペイアウト倍率を比較する

 

バイナリーオプションの場合、ペイアウト倍率により払戻額が決定します。
例えば、ペイアウト倍率が2倍である場合、1000円でチケットを購入し、予想が的中すると、2000円のペイアウト(払い戻し)が受けられます。
相場の動きが読みづらいものほど、ペイアウト倍率が高く設定されており、予想が簡単なものは、低いペイアウト倍率が設定されています。
中には、ペイアウト倍率が数十倍に設定されているものもあるため、少ない投資額でも大きな払い戻しが受けられる可能性もあるのです。
ペイアウト倍率が高いものが良いとは言えないのですが、高い利益を狙うのであれば、ペイアウト倍率は重要ポイントとなります。

 

●みんなのバイナリー
ペイアウト倍率:1.05倍〜20倍
ペイアウト倍率は6つのゾーンに分かれており、好きなものを選ぶことができます。
円安ゾーンについては3種類、円高のゾーンも3種類あります。
各ゾーンごとに難易度も異っており、難易度が高ければ、倍率も高く設定されています。

 

●GMOクリック証券
ペイアウト倍率:2倍
GMOクリック証券では、ペイアウト倍率を2倍に固定しています。
オプションは円安になるか円高になるか、どちらかを予想するだけです。

 

●FXトレード・フィナンシャル
ペイアウト倍率:1.80〜1.95倍
円安と円高のどちらになるのかを予想するだけです。

 

●ヒロセ通商「LION BO」
ペイアウト倍率:1.80〜1.95倍
円安と円高のどちらになるのかを予想するだけです。

 

●FXプライム
ペイアウト倍率:1.5〜13倍
全部で13種類のコースがあり、その中から好きなものを選べます。
円安については6つのコース、円高が6つのコース、さらに、±0.5pipsの範囲の中からオプションを選んで、購入できます。