基礎体温を測って排卵日を調べよう

基礎体温を測って排卵日を調べよう

妊娠するために

 

●妊活を始めたらすぐに妊娠できる?
妊活を始めてもさすがにすぐに赤ちゃんができるというわけではありません。
ある調査では25歳が生殖適齢期といわれていますが、その年齢層の人であっても妊娠するまでに必要な期間は平均で2〜3ヶ月、35歳以上になると6ヶ月以上必要とされています。
もちろんこのデータは平均値なので、この期間よりも早い遅いというのはあるかもしれません。
また、年齢を重ねるとともに卵子も老化します。
妊娠するタイミングは人によって異なりますが、遅くなればそれだけ卵子の老化が進み、それだけ妊娠が難しくなっていくといえるでしょう。

 

●赤ちゃんを迎えるために
・基礎体温を測定する
朝起き上がる前に測定する体温が基礎体温です。
この基礎体温を測るための体温計も販売されていますので薬局などで探してみると良いでしょう。
この基礎体温計には様々な機能がついたものもありますので自分にとって最適なものを選ぶようにしましょう。
女性の体は月に一回生理と排卵のサイクルがあります。
これはホルモンの働きによるものであり、女性の卵子は排卵から24時間以内が受精可能な期間といわれています。
つまり、1周期につき妊娠のチャンスは24時間以内ということになります。
この排卵日を予想するために欠かせないのが毎日の基礎体温を測ることです。
排卵は基礎体温が最も下がった日、またはその翌日に起こります。
統計では排卵日は最低基礎体温の前日が5%、最低基礎体温当日が22%、その翌日では40%、翌々日は25%だったといったデータが出ています。
卵子の寿命は一日、精子は3〜5日が寿命となっていますので、妊娠するベストなタイミングは排卵日当日またはその前日あたりが最適といえるかもしれません。

 

・排卵検査薬
排卵検査薬の仕組みは、尿のホルモン濃度から測定するものとなっています。
尿検査といえど手軽にできますので、排卵日をかんたんに見つけることができます。
とはいえ、この排卵検査薬はそれなりに費用がかかります。
そのためある程度の出費を覚悟しなければならないというデメリットがありますが、必ずしも必要なものではありませんので自己判断で良いでしょう。

 

・病院で排卵日よ予想
病院でも排卵日の予想をすることができます。
病院では超音波検査法で調べることができますので個人で調べる場合に比べて優れた信頼性があります。
自身の排卵日を正確に知りたいという人は、生理がスタートしてから10〜12日目程度に受診すると良いでしょう。

 

こうした方法の中でも最も一般的とされるのは基礎体温を測る方法です。
手軽に測ることができるため、まずはこの方法から試してみると良いかもしれません。
最初の段階では測る前に起き上がってしまうといったことがあるかもしれませんが、継続することで少しずつ慣れていきます。
まずは続けることが大切です。