買取に有利な絹の着物

買取に有利な絹の着物

着物の買取専門店等で着物を買い取る時には、査定といって、着物を鑑定して値段をつける作業を行います。
一般的に、着物の値段の一番の基準になるのは、着物の生地と、新しさです。現在では着物の生地にも、いろいろな
素材が使われるようになり、昔ながらの絹や木綿等のほかに、ウールやポリエステルなどの化学繊維とさまざまです。
しかし、今でも、「正絹」の着物が最も高級である事に変わりなく、絹の着物なら、状態にもよりますが、多少古い物でも
高い値がつく可能性があります。

 

○古い着物でも、絹は高く売れる

 

着物の査定の基準は、お店によって様々ですが、共通しているのは「絹の着物」には、高い査定額がつくという事です。
現代でも絹の着物は値打ちがあり、着物が多少古くなっていても、きれいに保管してあれば、思った以上の査定額に
なる可能性があります。

 

 

○素材が絹でなければ、新しい物がのぞましい

 

素材に絹を使っていない着物に関しても、買取りの依頼ができる専門店はあります。
着物の新しさやデザイン、状態によっては、査定でそこそこの値がつく場合もありますが、絹には遠く及ばないと、心して
おくことが肝心です。また、いくらきれいに保管していても、古い着物では一円にもならない場合があります。

 

けれど、買値がつかない着物でも、お店によってはそのまま引き取って、処分に回してくれるところもあります。
着物を捨てられず困っているという方や、今持っている着物の素材がよくわからないという方は、いちど
専門店に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。今は、宅配や、出張での査定を引き受ける専門店も
増えていますので、忙しい方でも、わざわざ持ち込まずに無料で査定が可能です。
査定を依頼する前に、知人からの情報や口コミなどで、優良店を選ぶことが大切です。
査定だけなら無料のお店も数多くありますので、何店かに査定を依頼して、お店の対応や査定額を
比較するという手段もあります。