絹の着物でなくても、買取依頼できる?

絹の着物でなくても、買取依頼できる?

現代では着物の生地も、ポリステルなどの化学繊維や、天然素材でも麻、ウール等、いろいろな素材を使った物が増え、
昔に比べると、はるかに低価格で購入が可能になってきました。
けれど、今でも「正絹」が、着物の中では最高級である事に変わりなく、着物を買い取ってもらう時にも生地が絹であれば
価値も高く、古い物でも値段が付くことが多いようです。という事は、絹以外の着物は買い取ってもらえないのでしょうか?

 

○絹意外でも、買取依頼は可能

 

タンスに眠ったままの着物など、古い着物の処分に困っている場合、多くの方が、着物の買取専門店を利用しています。
こういった買取専門店の中には、絹以外の着物でも買取の申し込みを受け入れてくれる所もあります。
買取専門店では、買取価格を決めるために「査定」をします。査定の基準はそのお店によって様々ですが、
基本的には「素材」と「新しさ」「着物に傷みや汚れないか」といった事が決め手になってきます。
素材が正絹の着物なら、多少古いものでもきれいに保管ができていれば、高額で買い取ってくれる場合もあります。
けれど、絹以外の素材では、古くなってしまうと価値が下がってしまい、物によっては一円にもならない可能性は
あります。

 

○取りあえず査定を依頼してみる

 

ただ、素材が絹でなければ全部が全部、値段が出ないというわけではありません。
新しい物やデザインのいい物でしたら、絹ほどの高額にはならないにせよ、売れる可能性が十分にありますし、
着物の状態などでも査定は変わってくるのです。また、持っている着物の素材が絹かどうか区別がつかないという方も
多く、全くの素人では、着物の売値などわからないという方がほとんどでしょう。
最近では、素材が絹でなくても査定をしてくれるという専門店が増えているので、まずはプロに着物の査定を依頼してみて、
きちんと値段を確認し、それから買い取ってもらうようにしましょう。もし、査定の段階で値段が出ないような時でも、そのまま
無料で処分に応じてくれるところもあるようです。着物はいくら不要になっても、捨てるのも偲びないものです。
そんな時は、着物買取の専門店を利用してみてはいかがでしょう。