高値で着物の買取りをしてもらうには

高値で着物の買取りをしてもらうには

高値で着物の買取りをしてもらうには、何点かポイントがあります。
ここでは、なるべく高値で着物を買い取ってもらうために、事前にやっておきたい方法についてご紹介しましょう。

 

●着物はしっかり保存する

 

着物は、洋服と違って特別なたたみ方をして保存しておきます。
着物をしまうときに、しっかり丁寧にたたんでおくことで、着物にしわを付けずに済むのです。
さらに、この人は着物の扱いが丁寧であるという印象を与えることができるので、買取り業者に良い印象を与えることができるのです。
好印象を与えたからといって、絶対に高値で買取りしてもらえるという訳ではないのですが、扱いが雑な着物よりは査定額は良くなるでしょう。

 

それから、日常的に着物を着ない人ですと、着物をしまいっぱなしにしてしまうことが大半でしょう。長い間着物を保存するときは、虫食いや湿気に注意して、ときどき虫干ししたり、良好な保存状態を保てるように留意してください。

 

●着物を着るときは丁寧な扱いをする

 

着物を着るときは、汚れたり日焼けしてしまわないように注意してください。汚れや日焼けのある着物は、買取りに出すときに低い査定額になってしまいます。
着物を着るときには丁寧な扱いをするように心掛けましょう。

 

●保証書を保存する

 

着物を購入すると保証書が付属してきます。買取りのときには、保証書があると査定額が高値になります。
反対に、保証書をなくしてしまうと、着物の買取り金額が低くなるので、保証書は着物と一緒にきちんと保存しておくようにしてください。
着物の小物と一緒にしまっておくと、保証書を紛失しにくくなります。